夜勤専従看護師

施設によって収入が変わる!夜勤専従看護師のお仕事って?!

夜勤専従看護師のメリット

 マイナビ看護師とは?
夜勤専従の看護師はお給料の高さがとっても魅力的!家族やパートナーの理解・協力があってこそ続けられるお仕事ですが、この働き方で上手く行っている人は夜勤の方が断然好き!って感じているようですね。夜勤専従看護師と言っても、職場によってお給料も仕事内容も随分変わってきます。だから職探しをするときには看護師転職支援サイトなどを利用して、「療養型病棟」「介護施設」「急性期病棟」「救急外来」のうち、どのタイプの場所で働くのが自分に合っているのかをよく考えるようにしましょう。療養型病棟や介護施設になると急変や緊急入院がない分、お給料も低めになります。反対に、急性期病棟や救急外来となるとバタバタと忙しい分お給料も高め。どちらにも良い面・悪い面があるので、じっくりと検討しましょう。救急外来での夜勤専従看護師は、他院で救急看護の経験を積んできた人を積極的に採用することが多いので、これまでの経験を活かして新しい働き方をしたいという人は是非トライしてみてください!

 

厚生労働省認可  看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

夜勤専従看護師のデメリット

 ナースフルとは?
夜勤専従看護師には、少ない人数で夜中に起こるいろいろなことに対応できるだけの能力が求められます。そのためこれまでの自分の経験や知識・技術を考慮して、決して無理のない範囲の職場に応募するようにしましょう。特に介護施設や療養型病棟となると、介護スタッフの他看護師は自分一人というところもたくさんあります。介護スタッフは看護師の判断を頼りにしているため、いざという時の対応に自信がない人には務まりません。また、おむつ交換などの介護業務は介護スタッフの仕事と決めつけてしまうようではチームが上手く機能しなくなってしまいます。介護も看護も、入居している人に関係することはなんでもするというくらいの気持ちがなければ、お仕事を続けることは難しくなるでしょう。

 

 

100人以上の転職支援実績  ナースフル