美容外科 メリット デメリット

知っておきたい美容外科で働く看護師のメリットデメリット

美容外科で働く看護師に必要なものは?

女性にとって、最大の関心ごとといっても過言ではない美容関係の仕事は人気の職種ですが、看護師免許を持っている人であれば、そのあこがれの美容外科や美容皮膚科の仕事に就くことが出来ますよね!

 

看護師としての基本的な技術や知識はもちろん必要なのですが、美容外科で働く看護師さんに一番必要なものってなんだかわかりますか?
それは、『おもてなしの心』なんだそうです。

 

美容外科へ来る患者さんは、長年のコンプレックスや悩みを解消しようと、勇気を出して来院することが多いはず。
だから、その気持ちを受け止められるような声のかけ方や態度がとても大切になってくるんだそうです。
もちろん、自分自身の美容への意識が高いということも大切なポイント。
きれいになろうと思ってきている患者さんたちですから、看護師の姿や振る舞いなどもちゃんと見ていますよ。
さすが、美容外科の看護師さん!と言われるような、姿や雰囲気を出したいものですよね。
ホスピタリティの気持ちが強い看護師さんには、向いているのではないでしょうか。

 

美容への興味というのは、美容外科や美容皮膚科の看護師になる動機として大切なポイントですが、実際仕事として働くわけですから、やっぱりメリット・デメリットは気になりますよね。

 

美容外科看護師のメリット・デメリット

メリット
  • 日勤常勤
  • ボーナスあり
  • アクセスが良いところがおおい
  • きれいな職場環境が期待できる。
デメリット
  • 夜勤がない分、拘束時間が長い
  • 患者さんへの対応は精神的にストレスになる場合も
  • 外科処置や手術の介助のときは、立ち仕事。
  • 土日祝日もオープンしている

どんな仕事も大変なものですが、美容外科に多いクリニックは、どちらかというと経営重視なところが多く、それゆえ患者中心である病院がなつかしくなる看護師さんが多いのも事実なんだとか。

 

美容外科や美容皮膚科で働くことを考えている看護師さんは転職支援サイトなどで調べてみるといいかもしれませんよ。

 

 

悩めるナースの転職支援 お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]